武蔵カップ優勝!新環境のLO黒竜考察と武蔵カップの振り返り

こんにちは。クアムと申します。

今回は第3回武蔵カップで優勝したので優勝したレシピの考察と対戦した試合の振り返りをしようと思います。まずは考察からです。

以下、デッキレシピになります。

f:id:kuamu:20170711024901j:image

・LO黒竜誕生の経由

バディファイトバッツブースター第2弾カオス・コントロール・クライシスの発売によりダークネスドラゴンワールドの黒竜が非常に強化されました。リストを見て環境になると予想し、東京のみっきーさんという方と一緒にWHFの先行発売後、すぐに研究に没頭しアイディアをもらいながら出来たレシピになります。 

 

武蔵カップはサイド戦ということで

 

①LO黒竜が流行ることによって想定されるミラーでの有効なカード

②サイドから入ってくるLO黒竜へのメタカードの対策

③LO黒竜が苦手としているトイレ対策

 

の3つがすぐに思いつきました。

①の答えは1つです。火力のない黒竜では防御の高い黒竜を貫けるはずがありません。LOに全力を尽くします。

サイドの追撃アビ4枚、デスナパーム、デスドレイン、デスサクリファイスの10枚中7枚がLOミラーを見ての構築です。

 

そして正義、ネオドラツヴァイに対してはサイドチェンジ無し。これはネオドラツヴァイにLOは有利、正義は五分五分だと考えたためです。

 

僕の考える正義、ネオドラツヴァイに入るLO黒竜へのメタカードとLO黒竜で正義に五分五分だと考えたことを採用カードと照らし合わせて解説していこうと思います。

 

・撃滅の黒死竜アビゲール

LO黒竜が流行った時にジャムジャマ、バルソレイユ入りのツヴァイを考えてメインから採用になりました。

正義、ネオドラツヴァイが入れるメタカードもロードワーカーと予想しており、破壊される意味でも強いカードだと考えています。

バルソレイユにはリムーバルヴォイスで出すことでバルソレイユをソウルごと破壊し、ジャムジャマには攻撃力6000という数値で、横のS0のカードは効果で除去しつつ。連携攻撃でジャムジャマを破壊します。

他にもこのカードのおかげで勝てた試合は多く、メインから採用して良かったと感じています。

サイドに1枚入れた理由は主にループ、トイレのベンジョーを破壊するためです。

 

・エネミーウォール

正義に五分五分、ネオドラツヴァイに有利と言い切れる理由であり、今大会で刺さりまくったカードです。

LO黒竜はセンターに破壊時効果を持ったモンスターを置いて破壊してもらうスタイルです。

エネミーウォール一番の特徴はセンターにモンスターがいても使える防御魔法ということ(ついでに2枚もデッキが削れる)

センターにモンスターがいると使えない刃の黒衣、黒竜の盾は噛み合っていません。

ではなぜこのカードで正義が五分五分になったか?

それはジャックSDの攻撃力3000が関係しています。

LOは破壊してもらい効果を発揮しますが正義はそれを無効にしてきます。よって破壊時効果を持ったS1はレフトかライト、バルザムはセンターが基本の状態です。バルザムの防御力は4000。ジャックSDでは届かないのです。

これによって死地への誘いがある時は連続攻撃をするためにはメイディー効果を使うしかありません。

つまり死地への誘いでS2ジャックをレスト→メイディー効果でコールして攻撃→エネミーウォールで止めつつゲージをチャージ、すると相手はジャックSDより打点の高い正義の型でバルザムを攻撃せざるを得ません。

これが何より強く、ジャックSDがいない場面でも死地への誘い、エネミーウォールでセンターを守れば貫通のない正義で除去するしかなく、ダメージを受けずに攻撃を捌けます。

これが正義に対して五分五分な理由です。

当然ネオドラツヴァイには100%当たるので有利ですね。

3にするか悩みましたが4積み。

 

・黒き王冠  サグラウン

実はサグラウンの前ではアールボウを採用していました。ライフゲインが強く、デイレパードの効果とマッチしていたためです。

ですが対正義だと弱くなってしまい、メインフェイズに安定してゲージを補給してくれるザクラウンにまとまりました。リムーバルでコールすれば死地のゲージをすぐに溜めてくれるという点でも優秀でした。

正義に五分五分になった1つの理由です。

 

・ダリルベルク

人によって評価が分かれるカードだと思います。LO黒竜では場にモンスターを出す必要がありますから結局押し出されるカード。2:1交換になりますからね。ただしサイド戦ではドロップ肥やし、サイドのカードを拾えやすくなる強カードだと見ています。ただし3枚デッキを削るのでLOミラーでは注意しましょう。   2枚被りたくないので3枚

 

・デスダメージ

今回は使いませんでしたがオベロン対策になります。防御7000を突破するためにサイドに2枚入れてあります。ただ武蔵ではトイレよりループに当たる機会が多かったのでディストラクションにした方が良かったと反省しています。

 

・武蔵カップ  試合の振り返り

予選1戦目  ゼリオンループ×× チーム×

会場に1人しかいないゼリオンループと当たってしまい負け。デスダメージよりディストラクションの方を取った方が良かったと反省した場面です。

2戦目は序盤に撃滅で破壊するもトップでアーチャーを引かれてループ成立。

ベンジョーループには撃滅でベンジョーを破壊してなんとか行けると考えてましたがゼリオンループは全く考えておらず、対抗破壊しても大空に帰ってしまうモンスターを見つめてました。

 

予選2戦目  LO黒竜×〇〇 チーム〇

サイド7枚が火を噴きました。 エネミーウォール4枚と撃滅2枚、死地1枚のLOミラーでは不要札を全てサイチェン出来るようにしてあったのが勝因だと考えています。

 

予選3戦目  ベンジョーループ×〇〇 チーム〇

会場にベンジョーループ、ゼリオンループは合わせて2人しかおらず、武蔵で唯一全種類のループと対戦したと思います。いや〜いい経験だなぁ〜(白目)

1戦目は先行を取られてループ。2戦目はサイドの撃滅が上手く刺さりベンジョーを2体葬って3戦目へ

3戦目は相手が先行を取るも事故ってターンが回ってきた。よし!勝てる!と思ったら撃滅を引けるも事故って対抗自壊札がなく仕方なくバルザムの餌に。

そこからなんとか繋がって最終的に追撃アビを上手いタイミングで出して勝ち。オースィラあったらLOできずに負けてたので内心ドッキドキでした。

 

予選4戦目  ネオドラツヴァイ〇×〇 チーム〇

予選最終戦。初手4枚に感動してメモを取り出しました。ネオドラツヴァイに当たれて嬉しい感情を持ったのは初めてだと思います。4戦目にしてですがメモが残ってるので参考にどうぞ。

f:id:kuamu:20170711205218j:image

1戦目は逆襲をバディコールしつつリチュアル。さらにデビルスティグマとLO側は動いてるのに対しツヴァイはS3を引かずでした。

結果、LOし1勝です。

f:id:kuamu:20170711170709j:image

 2戦目。相手は後攻を選択。こちらはまた逆襲をバディコール、リチュアルでライフ+2しつつ死地を貼ります。

相手はバディコールデストラクタで2ドロー、バルドラゴンでゲージを3伸ばしつつ、ゴーゴー剛でヴァーテックスを加えます。

そしてトリプルバスター入りのEXAディメンジョンに死地でレストするとフィロソフィアでスタンドされます。なんとか尊き犠牲でライフを回復するも手札にはヴァーテックス。受けれるすべはありません。負けて1ー1

f:id:kuamu:20170711170833j:image

3戦目。自分は後攻を選びます。初手ハンド4のツヴァイにエーヴィヒを引く確率の方が低く、攻撃回数を減らしつつ1ドローした方が強いと感じたからです。

それでも先行1ターン目に相手はエーヴィヒをコールし効果を使います。 S3もめくれましたが一旦出すのはデストラクタ。2ドローします。

僕の方は逆襲を引かず、デスナパームにブラックリチュアル。5枚削りつつ壁を立ててターン終了。

相手は着々と2枚目のデストラクタで2ドロー、ゴーゴー剛でヴァーテックスを加えたりとワンショットの体制を整えます。

僕は一旦ダメージを受けてライフを2まで減らされてしまいます。

それでも僕は逆襲を引かず、厳しい状態。デッキを削りつつセンターにバルザム、横にナパームをコールしてゲージを3にしつつゴーゴー剛を処理してターン終了します。

そして相手は勝負を決めにきました。まずライジングフレアでセンターのバルザムを破壊。スターレムナントでコストを軽減しつつ、ディメンジョンでピスカやウィーガーで無理矢理ゲージを溜め、トリプルバスター入りのEXAディメンジョンを出し、手札にはヴァーテックス

僕の場には死地とレフトにいるナパーム、手札にある防ぐ手段はリムーバルヴォイスと尊き犠牲。ドロップゾーンにザクラウンも撃滅も落ちておらず絶体絶命のピンチ。

そこでゲージに撃滅がいることを祈り犠牲をナパームに使うとゲージから落ちたのは…撃滅!

即座にリムーバルヴォイスで撃滅を呼び出しディメンジョンソウルのトリプルバスターを破壊。攻撃するとEXAディメンジョンが破壊されヴァーテックスに繋がらないのでそのままファイナルフェイズに移行しヴァーテックス。そして2回攻撃後に何もなくターン終了。もしフィロソフィアがあれば負けていたでしょう。

ターンが帰ってきたことでデスドレインまで繋げてLO。手が震えるファイトでした。

エネミーウォールが全く仕事しませんでしたね。有利とは()

これによりチーム2ー1。総合チーム3ー1で7位通過で本戦が確定しました。

 

本戦1回戦目   デンジャー〇×〇  チーム〇

f:id:kuamu:20170711173926j:image

僕はデンジャーワールドのことを全く知らず、何をしてくると思いきやその中身は打点14の武器が貫通を持ち4回攻撃してくるというもの。

運良く死地を2枚設置し、相手の手札が枯渇するまで耐えきりLOを決め1ー0。

 

そしてお相手はサイドチェンジする時に言いました。「先行でお願いします」

僕は疑問を抱きながら2戦目に挑みます。先行は1回しか攻撃できないのに対して後攻は攻撃回数が縛られていません。一体どういうことでしょうか…?

f:id:kuamu:20170711174653j:image

2戦目。打点10の武器で殴られました。夢を見ているかのような感覚です。

先行を取れば10点ワンショット。後攻を取れば10点が何度も攻撃してくる。これは正義に対しても強く、デンジャーワールドの可能性が見れただけでも遠征をした甲斐があったと思ったほどです。初めて速攻デッキが怖くなりました。

f:id:kuamu:20170711175419j:image

 3戦目。僕は先行を選びます。というより選ばざるを得ません。それで手札1枚のアドバンテージと連続攻撃出来る利点を相手に渡さないといけない状況に追い詰めれるのがデンジャーの特権でしょう。

まずは堅実に死地を1枚はりつつザクラウンでゲージチャージ。逆襲アビをセンターにコールしつつターンエンド。

そして相手のターン。なんと事故って武器が引けていない様子。機を見るに敏。攻め込みます。

そして相手のターン。武器をやっと持ってきます。ですが時すでに遅し、死地があり、ライフ5を払うには危ないライン。ワンショットを狙うために一旦ターンを返します。

そして僕のターン。相手のライフは7、手札にはダリルベルクとリムーバルヴォイス、デスドレインがあります。

ダリルベルクで手札に加えようにもあまりいいカードは来ず。ライフを削りきるプランに変更します。ダリルベルク2点、リムーバルヴォイスでザクラウンを出してゲージを3まで伸ばして1点。残り4のところでデスドレインを必殺コール。無事、デスドレインの効果+攻撃が決まり2ー1で勝利しました。デンジャーワールドを頭に入れるいい機会になりました。対戦ありがとうございました。

 

本戦準決勝  雷帝t太陽竜〇〇  チーム〇

f:id:kuamu:20170711180722j:image

 デンジャーの打点を防ぎきり次の相手は打点の高い雷帝軍。しかもLO黒竜を見てかt太陽竜のバルソレイユ入りです。

最初はドラゴンフォースも警戒しましたがないことがわかり、打点のプランも取りつつ攻めます。なんとか耐えきりLOして1ー0

バルソレイユ対策の撃滅が勝因でした。

f:id:kuamu:20170711181210j:image

2戦目。非常に長い対戦になりました。火力のない黒竜がドラゴンシールドに苦しめられた試合になります。

相手のLOに対するメタカードはボマー。手札に戻せる良いメタカードですね(白目)

なんどもセンターのカードを戻され死地やデイレパードでなんとか耐えてライフ4からデスドレインで勝ちました。雷帝軍本当に強かったです。

 

本戦決勝戦  LO黒竜ミラー       

対戦相手は過去に決勝で負けた経験があるリューさん。なんとデッキは55枚。LO黒竜ミラーを見ての対策だそうです。そのアイディアに脱帽

1戦目リューさんが先行。デイレパード逆襲アビリチュアルバルザムのムーブを決めて順調な滑り出し。しかしこちらの手札にはバルザム、ナパーム2枚、デスドレイン2枚、悪夢の檻があり、ドローせずともLO出来る構え。

そしてバルザムで引いた札は2枚目の悪夢の檻!

すぐに悪夢の檻2枚を破壊しつつデスドレインを出して次のターンのバルザム、ゲージから落ちたザクラウンを回収し次のターンにデスドレインをプレイして2ターンで30枚デッキを削りLO。LOミラーだと1戦目は弱いデッキでしたが運が良かったです。そしてLOミラーに強くしたサイドであと2戦の中で1本取れば勝ちということでかなり気が楽でした。

 

2戦目。リューさんは後攻を選択。手札にはバルザムもリチュアルも犠牲もなく、ナパームにスティグマを使い5枚削りセンターに逆襲をコールして終了。

相手は逆襲にリチュアル。ナパームにバルザムといい動き。そしてザクラウンをコールしてデスドレイン。文句なしのいいムーブ。

僕のターンになってアビゲールにバルザムをプレイ。手札にリチュアルとダリルベルクがあるがデッキ枚数をキープするためにスルーしてナパームをコールしファイナルフェイズ宣言。

そこでリューさんはディストラクションを使いデッキと場の黒竜を破壊してきます。ナパーム1枚ではデスドレインがコールできずターン終了。

相手のターン。ナパームデスドレインではまだデッキが少し余るがすぐに逆襲アビリチュアル、ダリルベルクをプレイしてこのターンに終わらせる構え。

だがデスドレインを出すための1ゲージが足りない…それはチャージアンドドローを忘れてメインフェイズに入り逆襲アビをコールしてしまったことにありました。

リューさんは頭を抱えターンを返します。その時の自分のデッキ枚数7枚…ギリギリでした。 

相手のデッキ枚数は13枚、ナパームデスドレインに圏内です。

そして僕は僕でリムーバルでナパームコール自壊で負ける可能性を考慮して相手のドロップゾーンに見て長考。デッキ枚数3枚まで大丈夫だと考えザクラウンをコールして盤面を3枚にしてのデスドレインを持ちファイナルフェイズ宣言。相手は一縷の望みにかけて犠牲で1ドローするも引けず必殺コールが通りデッキ13枚削り、勝ちが決定しました。2ー0

f:id:kuamu:20170711192319j:image

 

そして後ろを振り向くと勝った?と信じられないようなチームメイトのりんごさんの表情。そしてりんごさんの勝敗を聞くと勝ったそうでこの時点で2ー0。そしてひさ松さんの対戦も勝利で終わりチーム3ー0で武蔵の決勝を制し優勝しました!

そして優勝景品の8箱を3等分し、僕の武蔵カップは優勝という形で終わりを迎えました。

 

改めて武蔵カップお疲れ様でした。田舎者の僕には想像を絶するほどに楽しい場を設けてくれたことに本当に感謝しております。

そしてチームを組んでくれたひさ松さんとりんごさんにこの場を借りて感謝を伝えようと思います。本当にいいチームメイトに恵まれて優勝出来ました。ありがとうございました!

 

また来月にはイギトーオフもあるのでまだまだバディファイトの熱は収まりません!

また何かあったら書いていくのでその時はよろしくお願いします!

お読みいただきありがとうございました!

 

総合戦績  

ゼリオンループ××

LO黒竜×〇〇

ベンジョーループ×〇〇

ネオドラツヴァイ〇×〇

デンジャー〇×〇

雷帝t太陽竜〇〇

LO黒竜〇〇

全試合含め12ー6

個人            6ー1